書誌情報

ヘルプ
< 前へ [ 1 / 1 ]   次へ >
資料の種別 図書 資料情報のコピー
タイトル 中国戦線、ある日本人兵士の日記(チュウゴク センセン アル ニホンジン ヘイシ ノ ニッキ)
副書名 1937年8月~1939年8月侵略と加害の日常(センキュウヒャクサンジュウナナネン ハチガツ センキュウヒャクサンジュウキュウネン ハチガツ シンリャク ト カガイ ノ ニチジョウ)
著者名等 小林太郎∥著(コバヤシ,タロウ)
笠原十九司∥編・解説(カサハラ,トクシ)
吉田裕∥編・解説(ヨシダ,ユタカ)
統一著者名 小林 太郎
笠原 十九司
吉田 裕
出版者 新日本出版社/東京
出版年 2021.2
ページと大きさ 313p/22cm
件名 日中戦争(1937~1945)
分類 NDC8 版:210.7
NDC9 版:210.74
NDC10 版:210.74
ISBN 978-4-406-06298-5
4-406-06298-X
9784406062985
440606298X
価格 3600円
タイトルコード 4771206
内容紹介 「北支事変」、南京占領、徐州作戦、武漢占領…。1937年から2年間、日中戦争の現場で書かれ帰還後まとめられた記述を復刻。当時の日中両政府、軍や司令官の動向などに照らし学術的に検証する解説も収録。
著者紹介 【小林太郎】1910年生まれ。1972年死去。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【笠原十九司】1944年、群馬県生まれ。都留文科大学名誉教授。東京教育大学文学部卒業、東京教育大学大学院修士課程中退。学術博士(東京大学)。主な著書に『南京事件』『南京難民区の百日』『日本軍の治安戦』(岩波書店)、『体験者27人が語る南京事件』『日中戦争全史(上・下)』(高文研)など。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

貸出情報

所蔵数 館内でのみ利用可能な資料 貸出可能な資料 貸出中の資料 予約数
所蔵数
1 冊
館内でのみ利用可能な資料
0 冊
貸出可能な資料
1 冊
貸出中の資料
0 冊
予約数
0 件
番号 資料番号 請求記号 状態 配架場所  配架案内
1
資料番号:
144606514
請求記号:
G-2107-コ
状態:
在架
配架場所:
一般資料室  にあります
< 前へ [ 1 / 1 ]   次へ >
書誌、所蔵ページの表示は以上です。