書誌情報

ヘルプ
< 前へ [ 1 / 1 ]   次へ >
資料の種別 図書 資料情報のコピー
タイトル 南京事件論争史(ナンキン ジケン ロンソウシ)
副書名 日本人は史実をどう認識してきたか(ニホンジン ワ シジツ オ ドウ ニンシキ シテ キタカ)
著者名等 笠原十九司∥著(カサハラ,トクシ)
統一著者名 笠原 十九司
版次 増補
出版者 平凡社/東京
出版年 2018.12
ページと大きさ 371p/16cm
シリーズ名 平凡社ライブラリー 876
一般注記 年表あり
件名 南京事件(1937)-歴史観
分類 NDC8 版:210.7
NDC9 版:210.74
NDC10 版:210.74
ISBN 978-4-582-76876-3
4-582-76876-8
9784582768763
4582768768
価格 1500円
タイトルコード 4620711
内容紹介 1937年12月13日の南京事件は明々白々な史実であるにもかかわらず、日本では否定派の存在によって、不毛で熾烈な論争が繰り返されてきた。その経緯を丹念にたどることで、否定派の論拠の問題点とトリックを衝き、日本人の歴史認識を鋭く問う。
著者紹介 1944年群馬県生まれ。東京教育大学大学院修士課程中退。学術博士(東京大学)。都留文科大学名誉教授。専門は、中国近現代史、東アジア近現代史。著書に、南京事件に関して『アジアの中の日本軍』(大月書店)などがある。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

貸出情報

所蔵数 館内でのみ利用可能な資料 貸出可能な資料 貸出中の資料 予約数
所蔵数
1 冊
館内でのみ利用可能な資料
0 冊
貸出可能な資料
0 冊
貸出中の資料
1 冊
予約数
0 件
番号 資料番号 請求記号 状態 配架場所  配架案内
1
資料番号:
144062403
請求記号:
G-2107-カ
状態:
貸出中
配架場所:
一般資料室  にあります
< 前へ [ 1 / 1 ]   次へ >
書誌、所蔵ページの表示は以上です。