書誌情報

ヘルプ
< 前へ [ 1 / 1 ]   次へ >
資料の種別 図書 資料情報のコピー
タイトル 動物の声、他者の声(ドウブツ ノ コエ タシャ ノ コエ)
副書名 日本戦後文学の倫理(ニホン センゴ ブンガク ノ リンリ)
著者名等 村上克尚∥著(ムラカミ,カツナオ)
統一著者名 村上 克尚
出版者 新曜社/東京
出版年 2017.9
ページと大きさ 392p/20cm
一般注記 欧文タイトル:The Voice of the Animal,the Voice of the Other
索引あり
内容注記 なぜ動物なのか?. 審判. 風媒花. ひかりごけ. 奇妙な仕事. 飼育. セヴンティーン. 馬. 墓碑銘. 抱擁家族. 富士. 万延元年のフットボール. 別れる理由. 非対称的な倫理
件名 日本文学-歴史-1945~
動物-文学上
文学と道徳
分類 NDC8 版:910.26
NDC9 版:910.264
内容細目 なぜ動物なのか? ; 審判 ; 風媒花 ; ひかりごけ ; 奇妙な仕事 ; 飼育 ; セヴンティーン ; 馬 ; 墓碑銘 ; 抱擁家族 ; 富士 ; 万延元年のフットボール ; 別れる理由 ; 非対称的な倫理
ISBN 978-4-7885-1537-6
4-7885-1537-7
9784788515376
4788515377
価格 3700円
タイトルコード 4526638
内容紹介 人間性=主体性の回復をめざした日本文学。しかし、そこに今次大戦の根本原因があるのだとしたら?武田泰淳、大江健三郎、児島信夫の作品に表れた「動物」の表象を手掛かりに、文学そして共同体の再生を企図する。
著者紹介 1978年、神奈川県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻博士課程修了。博士(学術)。現在、日本学術振興会特別研究員(PD)。青山学院大学、共立女子大学非常勤講師。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

貸出情報

所蔵数 館内でのみ利用可能な資料 貸出可能な資料 貸出中の資料 予約数
所蔵数
1 冊
館内でのみ利用可能な資料
0 冊
貸出可能な資料
1 冊
貸出中の資料
0 冊
予約数
0 件
番号 資料番号 請求記号 状態 配架場所  配架案内
1
資料番号:
143850170
請求記号:
G-9102-ム
状態:
在架
配架場所:
一般資料室  にあります
< 前へ [ 1 / 1 ]   次へ >
書誌、所蔵ページの表示は以上です。