書誌情報

ヘルプ
< 前へ [ 1 / 1 ]   次へ >
資料の種別 図書 資料情報のコピー
タイトル 手をつなごうよ(テ オ ツナゴウヨ)
副書名 フィリピン・ミンダナオ子ども図書館(フィリピン ミンダナオ コドモ トショカン)
日本にいちばん近いイスラム紛争地域での活動(ニホン ニ イチバン チカイ イスラム フンソウ チイキ デノ カツドウ)
著者名等 松居友∥著(マツイ,トモ)
統一著者名 松居 友
出版者 彩流社/東京
出版年 2016.4
ページと大きさ 175p/22cm
件名 図書館-フィリピン
教育援助(日本)-フィリピン
ミンダナオ島
分類 NDC8 版:K010.22484
NDC9 版:010.22484
目次 第一章;ミンダナオ子ども図書館の子どもたち第二章;ミンダナオ島ってどんなところ?第三章;ぼくが図書館をはじめたきっかけ第四章;いざ、ミンダナオ子ども図書館の開設第五章;生きる力ってなんだろう
ISBN 978-4-7791-2223-1
4-7791-2223-6
9784779122231
4779122236
価格 1800円
タイトルコード 4408991
内容紹介 絵本で子どもたちに笑顔を!15年前、フィリピンの紛争地域に「子ども図書館」の一粒の種がまかれた。その芽は着実に成長し、社会不安と貧困で笑顔が消えていた子どもたちに、強い力をあたえ続けている。そして、これからもかならず。 肥沃で鉱物資源も豊富、漁場にもめぐまれているフィリピンのミンダナオ島……。だがこの島では、宗教対立や民族対立などにより、この40年間、紛争が絶えたことがなかった。この本は、日本にいちばん近いイスラム紛争地域といわれるミンダナオ島で、どのようにして、多くの人たちの協力を得て「ミンダナオ子ども図書館」をつくり、絵本の力で子どもたちの笑顔を取りもどしたのか、その軌跡と現状、これからについて記したもの。その背景にある地域の状況や、著者自身についてもふれる。
著者紹介 ミンダナオ子ども図書館館長 1953年、東京生まれ。1979年上智大学大学院独文修士課程修了。ザルツブルク大学留学。福武書店(現ベネッセ)の児童図書編集長を経て北海道へ移住。1998年フィリピン・ミンダナオ島に渡り、2002年「ミンダナオ子ども図書館(MCL)」設立、翌年、現地NGO法人とする。2012年、現地マノボ族の洗礼を受け酋長となる。(洗礼名アオコイ・マオンガゴンは、「心から人を助ける我らの友」の意味)。著書は『わたしの絵本体験』(教文館)ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

貸出情報

所蔵数 館内でのみ利用可能な資料 貸出可能な資料 貸出中の資料 予約数
所蔵数
1 冊
館内でのみ利用可能な資料
0 冊
貸出可能な資料
1 冊
貸出中の資料
0 冊
予約数
0 件
番号 資料番号 請求記号 状態 配架場所  配架案内
1
資料番号:
143280329
請求記号:
J-01
状態:
在架
配架場所:
児童室  にあります
< 前へ [ 1 / 1 ]   次へ >
書誌、所蔵ページの表示は以上です。