書誌情報

ヘルプ
< 前へ [ 1 / 1 ]   次へ >
資料の種別 図書 資料情報のコピー
タイトル ロラン・バルトの遺産(ロラン バルト ノ イサン)
著者名等 エリック・マルティ∥[著](マルティ,エリック)
アントワーヌ・コンパニョン∥[著](コンパニョン,アントワーヌ)
フィリップ・ロジェ∥[著](ロジェ,フィリップ)
石川美子∥訳(イシカワ,ヨシコ)
中地義和∥訳(ナカジ,ヨシカズ)
統一著者名 マルティ,エリック
コンパニョン,アントワーヌ
ロジェ,フィリップ
石川美子
中地義和
出版者 みすず書房
出版年 2008年
ページと大きさ 254p/20cm
内容注記 ある友情の思い出(エリック・マルティ著)(石川美子訳) ロラン・バルトの〈小説〉(アントワーヌ・コンパニョン著) ふたつのオリエント(フィリップ・ロジェ著)(中地義和訳)
件名 バルト,ロラン(1915〜80)
分類 NDC8 版:950.28
内容細目 ある友情の思い出 / エリック・マルティ著 ; ロラン・バルトの 小説 / アントワーヌ・コンパニョン著 ; ふたつのオリエント / フィリップ・ロジェ著
目次 ある友情の思い出
ロラン・バルトの“小説”
ふたつのオリエント
ISBN 978-4-622-07433-5
価格 4200円
タイトルコード 2186696
内容紹介 本書には、バルトをめぐる三つのテクストが収められている。バルト研究の第一人者マルティは、師友との私的かつ知的な回想で初めてバルトの肉声と振舞を語り、コレージュ・ド・フランスで文学を講じるコンパニョンは、バルトによる“小説”の準備の軌跡を鮮やかに分析し、ロジェは、近東(ロティのトルコと、その系としてのモロッコ)と極東(日本)の二つのオリエント文化がバルトに与えたものを論じる。弟子=友人としてバルトから直接に受け取ったものを各々が照らしだす、最新にして最良のバルト論集。
マーク№ 093752200

貸出情報

所蔵数 館内でのみ利用可能な資料 貸出可能な資料 貸出中の資料 予約数
所蔵数
1 冊
館内でのみ利用可能な資料
0 冊
貸出可能な資料
1 冊
貸出中の資料
0 冊
予約数
0 件
番号 資料番号 請求記号 状態 配架場所  配架案内
1
資料番号:
141969717
請求記号:
4-9502-ハ
状態:
在架
配架場所:
書庫(一般)  一般資料室カウンターでご請求ください
< 前へ [ 1 / 1 ]   次へ >
書誌、所蔵ページの表示は以上です。