書誌情報

ヘルプ
< 前へ [ 1 / 1 ]   次へ >
資料の種別 図書 資料情報のコピー
タイトル 古代音楽論集(コダイ オンガク ロンシュウ)
著者名等 アリストクセノス∥[著](アリストクセノス)
プトレマイオス∥[著](プトレマイオス・クラウディオス)
山本建郎∥訳(ヤマモト,タツロウ)
統一著者名 アリストクセノス
プトレマイオス・クラウディオス
山本建郎
出版者 京都大学学術出版会/京都
出版年 2008年
ページと大きさ 365,18p/20cm
シリーズ名 西洋古典叢書 G057
一般注記 シリーズの編者:内山勝利,大戸千之,中務哲郎,南川高志,中畑正志,高橋宏幸
文献あり 索引あり
内容注記 ハルモニア原論(アリストクセノス著) ハルモニア論(プトレマイオス著)
件名 音楽理論
分類 NDC8 版:761
内容細目 ハルモニア原論 / アリストクセノス著 ; ハルモニア論 / プトレマイオス著
目次 ハルモニア原論(アリストクセノス)
ハルモニア論(プトレマイオス)
ISBN 978-4-87698-175-5
価格 3600円
タイトルコード 2132336
内容紹介 ギリシア音楽の理解のために必須のハルモニア論(音階理論)を収載する。アリストクセノス(前4世紀)は、音程を数比だけで決めるピュタゴラス派の方法論を排し、耳で聴いた音をもとに音階理論を確立した。ピュタゴラス派の系譜に属する古代随一の天文学者でもあるプトレマイオス(後2世紀)は、アリストクセノスを批判的に継承し、西洋クラシック音楽への展開の契機をなした。古代劇や抒情詩の表現には欠かせないギリシア音楽を体系的に理論づけた作品。西洋音楽論の古典的名著。
マーク№ 090142500

貸出情報

所蔵数 館内でのみ利用可能な資料 貸出可能な資料 貸出中の資料 予約数
所蔵数
1 冊
館内でのみ利用可能な資料
0 冊
貸出可能な資料
1 冊
貸出中の資料
0 冊
予約数
0 件
番号 資料番号 請求記号 状態 配架場所  配架案内
1
資料番号:
141813162
請求記号:
3-7610-ア
状態:
在架
配架場所:
書庫(一般)  一般資料室カウンターでご請求ください
< 前へ [ 1 / 1 ]   次へ >
書誌、所蔵ページの表示は以上です。